プロポーズ

三重県にきてみないか?と彼に言われたのは最近のこと
私はずっと関西で看護師として働いていて、彼とであったのはたまたま知人の紹介でクラシック鑑賞という趣味が
一致して話しが盛り上がったので休みの日で日程が会えば待ち合わせてコンサートに行ったりする様になり
そのうち、なんとなくおつきあいが始まったのだが

私は三交代の看護師だし、彼も仕事が忙しい人だったので遠距離恋愛でありながらそんなに寂しさは感じていなかった
二人とも三十代後半の年齢なので結婚を考えていないわけでは無かったが
お互いの忙しさもあり まぁなるようになるか と簡単にとらえていた時の突然の申し出に私は戸惑ってしまった

彼のことは嫌いでは無いし、ゆくゆくは結婚したいと思っているが
今すぐに仕事を辞めて三重で専業主婦をするというのはあまりにも、生活が変わり過ぎて自分に出来るだろうかという
漠然とした不安がどんどんわき上がって来てしまう

私は彼に出会うまでずっと看護師としての仕事を続けて独り身で死んでしまうこともあるかもなぁと ぼんやり思っていたので
三重にきてみないか?という 結婚も見据えたお誘いは嬉しい
でも仕事にはやりがいを感じているので一生続けたい という気持ちの両立を考えると

三重で結婚しても看護師として働くことを認めてもらう という結論になる
彼とはちゃんと結婚観などを話し合ったことがないので、今度のお休みにちゃんと二人で話し合ってみたいと思う

三重県の看護師求人がどんなものか、そもそも三重県の看護師求人ってそんなにあるものなのかはわからないけれど
子どもを産むなら早めに結婚した方がいいのは事実だし、前向きに検討したいと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自分の気持ちを大事にしよう